スマートフォンではなくパソコン

ここでは動画編集を行うにあたっての押さえておくべき基本的な編集用語についてご説明いたします。 ここでは「フレームレート」、「クリップ」、「コーデック」、「エフェクト」、「トリミング」の5つの基本的な編集用語についてご説明いたします。 動画編集を行う際にはこれらの用語は押さえてから編集を行いましょう。

各工程について

動画編集の基本的な流れはまず「パソコン及び編集用ソフトを準備」いたします。次に準備したソフトに「動画のアップロード」を行います。その次に「動画の切り取り、貼り付け」を行います。そして「字幕やBGMの挿入」を行います。最後に「作成した動画の出力」をして完成になります。 各工程のご説明をいたします。

工程の解説と細かなコツ

ここでは基本的な動画編集の流れの中でも「字幕やBGMの挿入」と「作成した動画の出力」についてご説明いたします。 また細かなコツについてもご説明いたします。テロップでは「位置」と「統一感を出した装飾」を心がけましょう。そしてBGMなどの挿入に合わせて「明るさの調節」や「色の調節」も行いましょう。

押さえておくべき編集用語

動画編集は自分で行うことが難しいという認識の方も多くいらっしゃると思います。
しかし、動画編集はポイントやコツを押さえると初心者の方でも編集することができます。今回はこのポイントやコツについて詳しくご説明さしていただきます。

まず、動画編集を行うにあたって編集経験の浅い方は簡単な動画編集から始めることをオススメいたします。動画編集はある程度、慣れなければ操作などに戸惑ってしまうことがあります。その為、動画編集は簡単なものから始めると良いです。
動画編集を行うにあたってまず知っておいていただきたいことは「使用するソフト」によって動画編集の方法が変わってくるということです。それぞれのソフトによって機能が変わってくるので使用できる機能や使用が不可能な機能も存在してきます。また、機能によって完成動画も変わってきてしまいます。なので「使用するソフト」の機能などの把握をしっかりした上で動画編集を行いましょう。
次に「動画編集に対する熱い気持ち」が必要になります。動画編集をするにあたって編集知識は自身で追及し、理解を深めていかなければなりません。そのため、諦めずに時間をかけて自分なりの編集スタイルを見つけていくことが大切になります。

最後に動画編集を行うにあたってパソコンでの作業がオススメとされています。もちろんスマートフォンを使用して動画を編集することも可能ですがスマートフォンにて編集を行うと「画面のサイズが小さく、機能の多くが制限されてしまう」というデメリットが発生いたします。そのため、自分なりの動画制作を行いたい場合はパソコンでの作業がオススメとされています。
今回は自分で動画制作を行うためのポイントやコツについてご説明いたします。

TOPへ戻る