工程の解説と細かなコツ

字幕やBGMの挿入、作成した動画の出力

ここでは基本的な動画編集の流れの中でも「字幕やBGMの挿入」と「作成した動画の出力」についてご説明いたします。

動画の貼り付けや切り取りが完了したらその次に「字幕やBGMの挿入」を行います。この操作にはエフェクト機能を使用するとより高い質を求めることが可能となります。

次に「作成した動画の出力」についてご説明いたします。この作業は動画作成の基本的な流れの最後の作業になります。この作業が完了すると動画編集は終了となります。動画のファイルには多くの種類のファイルが存在します。代表的なファイルにはAVIといわれるマイクロソフトのファイルやアップルのQuicktimeなどがあります。豊富な種類のファイルを確認した上で動画の出力を行いましょう。

動画編集を行う際のコツ

動画編集を行う際のコツは基本的な流れがスムーズに行えることです。
その中でもいくつかの細かなコツをここではご紹介いたします。

まずテロップに関してです。テロップでは「位置」と「統一感を出した装飾」を心がけましょう。次に「空白の時間を減らすこと」です。空白の時間を減らして視聴者を飽きさせないようにしましょう。

そして、BGMなどの挿入に合わせて「明るさの調節」や「色の調節」も行いましょう。暗い動画は視聴者に対してネガティブな印象を与えてしまいます。そのため、動画に合わせた適度な明るさの調節を行いましょう。「色の調節」では変化がポイントになります。同一色を使い続けるのではなくさまざまな色を使用し、動画に変化をつけましょう。
以上のようなことが動画編集の細かなコツになります。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c